ウッドデッキ

人工木のウッドデッキを寛ぎの場所に

仕事でストレスが溜まりがちな方は、家でゆっくり寛げる空間が必要です。仕事がお休みの日に、昼までベッドで寝ているというのも悪くないですが、ウッドデッキのバルコニーを作って、そこでお昼寝したりぼーっとしたりして過ごすのもいいのではないでしょうか。
ウッドデッキのバルコニーがあると、自宅にいるにも関わらず、異空間にいる気分を味わえます。ウッドデッキという、基本的に全て木で出来た自然界に近い雰囲気や、屋外の気持ちのいい空気、そして頭上で輝く太陽のなせる業なのかもしれません。ウッドデッキのバルコニーを作ると言っても、実際どうすればと思う方も多いでしょう。しかし、専門業者に依頼すれば、案外簡単に設置できます。施工にあたっては、設置場所やサイズ、デザインなど詳細を業者と詰める必要がありますが、素材に関しては人工木を希望するといいでしょう。というのは、天然木の場合、ウッドデッキをいい状態に維持するために、メンテナンスにかなり力を入れる必要があるからです。仕事で多忙な人にとっては、デッキブラシでごしごし水洗いするだけで済む人工木のウッドデッキの方が付き合いやすいでしょう。従って、発注する業者としては、人工木での施工実績があるところを選ぶといいでしょう。

人工木を使ったウッドデッキでオシャレライフ

せっかくお洒落な新居を建てたのに、いざ暮らし始めると生活感が出てしまうことも多いものです。
特に子供さんがいらっしゃるご家庭は、オモチャや学用品が子供部屋におさまらずリビングにまで広がってしまうなんて話もよく聞きます。

インテリアにこだわった空間で大人の時間を過ごしたいとお思いなら、いっそのことバルコニーとしてウッドデッキを設置してみてはいかかですか。
ウッドデッキがあるだけで空間に余裕が生まれ、大人と子供の生活を分けることができますよ。
もともと家に付属しているベランダやバルコニーと違い、ウッドデッキはリビングの掃き出し窓と同じ高さに設置することもできるのでリビングのスペースが増えたような感覚で利用することができます。

例えば、お子さんの遊び場や外遊び用のオモチャを置くスペースとして、くつろげるベンチなどを置いてお茶やお酒を楽しむスペースとして、ガーデニングを楽しむバルコニーとして家族それぞれがウッドデッキを楽しむことができます。

このウッドデッキは主に天然木と人工木という二つの材質があります。
最近では、メンテナンスに手間と費用がかかる天然木より、人工木が好まれる傾向にあるようです。
人工木のウッドデッキの設置はDIYで行う人もいるようですが、設置場所を含め専門業者に相談するのがオススメです。
せっかくの家族の憩いの場所ですので、しっかりと安心できる工事をしてくれる業者を見つけてください。

業者に頼めば人工木でウッドデッキも自由に作れる

バルコニーやベランダは多くの一戸建てに設置されていますが、家の中と庭とをつなぐエクステリアとして人気が高まっているのがウッドデッキです。

ウッドデッキには材質の違いとして天然木で作られたものと人工木で作られたものがあります。最近の人工木は見た目も良くなり手入れが楽なため、人工木のウッドデッキが主流になりつつあるようです。

材質の違い以外にもウッドデッキには高さや広さ、形を自由に選択できるという利点があります。
リビングから一続きになるように設置すれば、リビングスペースを広く見せることができますし、ウッドデッキで食事をする場合にも用意や片付けがラクになります。
バルコニーのように柵を取り付ければ周囲からの目隠しになりますので、道路に面していても活用の幅が広がることでしょう。
子供の遊び場にするなら転落しないよう低く広めにするといいですし、スペースに限りがあるならあえて狭く作って縁台のようにして腰掛けてくつろいでも素敵ですね。

ベランダやバルコニー、ウッドデッキなどはその家の用途に合わせて作ることが重要なポイントです。
家作りの際にはしっかりと業者と打ち合わせされることをおすすめします。
もし、あとから設置したいと思われた場合は建築業者やエクステリアの専門業者に相談してみてください。
きっとあなたの要望を汲んだものを作ってくれるはずです。


もし、バルコニーなどをウッドデッキにしたい場合MINOのウッドデッキ 人工木がお勧めです!MINOのウッドデッキなら木目を型取りしているので天然木のようなデザインで、ささくれも無く熱を溜めにくいのでお子様がいても安心して裸足で歩くことができます。

recent article

update contents

Top